Amazonプライム会員なら、急な買い物も、すぐ注文で送料無料ですぐ届く。

HHKB HYBRID (TYPE-S) 日本語配列を使うメリット5点!

HHKBってめっちゃ高いけど、買う価値あるの?どんなメリットがあるの?

HHKBは3万円以上する高価なキーボードですので、このような疑問をお持ちの方が多いと思います。

私も同じ疑念をいだきつつも、勢いでHHKBをポチリました。

その後、実際に使い続けた結果、価格以上のメリットがあることがわかりました。

今回は、HHKBを使うことで得られるメリット5点をご紹介していきます。

created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 09:50:44時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 01:22:40時点 楽天市場調べ-詳細)

YouTubeの動画もございますので、お好きな方でご覧ください!

目次

HHKB HYBRID (TYPE-S)の主な特徴

出典:PFU
主な特徴
  • HHKB HYBRIDシリーズはキーマップ変更機能に対応
  • 持ち運べるコンパクトサイズ
  • ショートカット操作に適した合理的キー配列

HHKB HYBRIDシリーズはキーマップ変更機能に対応

HHKB HYBRIDシリーズには、通常タイプと静音タイプ(TYPE-S)の2種類があります。

ともに、キーマップ変更機能に対応しています。専用ソフトウェアを使って、キー配列を簡単に変更できます。

スクロールできます
HYBRID
(通常タイプ)
HYBRID TYPE-S
(静音タイプ)
配列英語配列/日本語配列英語配列/日本語配列
接続有線/無線有線/無線
キーマップ変更機能
静音
価格税込¥30,250税込¥35,200

持ち運べるコンパクトサイズ

キー数を必要最小限におさえ、超小型ボディーを実現。A4ハーフサイズ強のコンパクトなサイズで、持ち運びも可能。

重さ540g(電池含まず)で、だいたい500mlのペットボトル1本分の重さ。

サイズ:294(W)×120(D)×40(H)mm キートップ上面まで

ショートカット操作に適した合理的キー配列

「プログラマーが理想とするキー配列のキーボード」

ホームポジションから移動させる必要がなく、本質的にスピーディなタイピングが可能です。

バッシー

キー配列の詳細はメリットの中でご紹介します!

created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 09:50:44時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 01:22:40時点 楽天市場調べ-詳細)

HHKB HYBRID (TYPE-S) 日本語配列を使うメリット5

HHKB HYBRID (TYPE-S) 日本語配列を使うメリット5点
  • ホームポジションが崩れない
  • 簡単、お好みにキー配列を変更できる
  • カーソルを使う作業もこなせる
  • パソコンによらず常に同じ入力環境で作業できる
  • 長寿命で一生付き合える

ホームポジションが崩れない

HHKBのルーツは、「プログラマーが理想とするキー配列のキーボード」。
そこを目指し、東京大学名誉教授 和田英一先生とPFUとの共同開発によってHHKBは生まれました。

「Control」「Fn」キーとのコンビネーション打鍵を駆使すること、ホームポジションから手を移動させる必要がなく、本質的にスピーディなタイピングが可能になります。

まずは「Control」キーについて

ControlキーはAキーの左横に位置します。通常、Capslockキーがある位置です。
左手小指を少しずらすだけでControlキーを押せるので、ホームポジションが崩れません。

Windows OSでよく使う「Ctl+C」「Ctl+V」「Ctl+Z」などのショートカットを、ホームポジションを崩すことなく入力できます。

Controlキーの位置は、Aキーの左横

MAC OSの場合は、「Command+C」「Command+V」「Command+Z」となります。
Commandキーは、以下写真のように別の位置にあるため、CotrolキーとCommnadキーの位置を設定で入れ替えます(※)。そうすると、Windowsの時と同じ入力環境になります。

※MAC OS上で変更可能
システム環境設定→キーボード→修飾キー

MAC OSの設定で、ControlとCommandを入れ替えられる

次にFnキーについて

HHKBはFnキーとのコンビネーション打鍵が基本となります。
例えば、HHKBには専用のファンクションキー(F1〜F12)がありません。その代わりに、「Fnキー+数字キー」のコンビネーション打鍵で対応します。

このコンビネーション打鍵時も、ホームポジションが崩れません。
以下写真のとおり、Fnキーは左角にあり、小指の付け根で押すことができます
小指の付け根でFnキーを押しながら、指先で数字キーを押します。

ホームポジションを崩さずに、ショートカット入力やFnキーとのコンビネーション打鍵ができるのはHHKBの強みです。

Fnキーの位置 小指の付け根で押すことができる

簡単、お好みにキー配列を変更できる

HHKB HYBRIDシリーズは、「キーマップ変更機能」に対応しています。
専用ソフトウェア「HHKBキーマップ変更ツール」(以下画像)を使って直感的にキー配列を変更することができます。

ソフト上にて、キー配列を変更したいキーにドラッグ&ドロップで持ってくるだけで変更できます。
または、画面上側で変更したいキーを選択後、画面下側で変更後のキーを選択することでも変更できます。

すべてのキーを設定したら、画面右側の「HHKBへ書き込み」ボタンを押すと、数秒でHHKBへの書き込みが完了します。

直感的なキーマップ変更ソフト

さらに、HHKBの強みがあります。Fnキーとコンビネーション打鍵時のキー配列も変更可能です。

左角のFnキーを選択すると、Fnキー押下時のキー配列が表示されます。あとは同じ方法で、キー配列を変更します。

参考として私は、右手のホームポジション周辺に、カーソルキー、BSキー、Delキーなどを設定しています。ホームポジションを崩さずに、カーソル移動や文字の削除ができます。

Fnキーコンビネーション打鍵時のキー配列も変更可能

最後に、HHKBキーマップ変更ツールは、HHKB内部に情報を書き込みます。
そのため、HHKB本体にキーマップ設定が保持されるので、接続するパソコンによらず同じ入力環境になります。

created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 09:50:44時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 01:22:40時点 楽天市場調べ-詳細)

カーソルを使う作業もこなせる

HHKB日本語配列にはカーソルキーがあります。英語配列にはありません。

カーソルキーは何かと便利です。

YouTubeの動画視聴時に早送りをする際、Excelなどの表計算ソフトでセル移動する際、Google chromeなどのブラウザ上でキーボードショートカットを使う際などなど、カーソルキーは多用します。

日本語配列には、右角にカーソルキーがある

カーソルキーのない英語配列の場合、Fnキーとのコンビネーション打鍵で対応します。Fnキー押下時は、以下画像の位置がカーソルキーになります。

気軽にカーソル移動したい時に、コンビネーション打鍵するのはわずらわしいです。

英語配列では、Fnキーとのコンビネーション打鍵でカーソル入力する

カーソルキーが右角にあるため、マウス操作しながら右手の親指でカーソルキーを押すことができます。YouTube視聴時におすすめの使い方です。

マウス操作しながら右手の親指でカーソルキーを押せる

パソコンによらず常に同じ入力環境で作業できる

現在、私はノートパソコン3台を使っています。

2台はWindows、1台はMacのパソコンです。
HHKBを外付けでつないで使っており、すべてのパソコンで同じ入力環境で作業できます。

常に同じキーボード、キー配列で入力作業ができるので、入力のスピードや精度が上がります。

WindowsとMacで全く同じキー配列にするには、HHKBキーマップ変更ツールやフリーソフトを使って設定する必要がありますが、一度設定してしまえばそれ以降は何も気にする必要はありません。

HHKB おすすめのキー配列

HHKBおすすめのキー配列として、現在の私の設定をご紹介します。
ポイントは2つです。

  • Command(Ctl)キーの位置
  • かな変換、英数変換の位置

Command(Ctl)キーの位置については、メリット1つ目でご紹介したとおりです。

かな変換キー、英数変換キーをスペースキーの両サイドに配置します。

Widowsでは通常、「英数/かな」キー1つで変換するため、現状の設定がどちらなのか迷うことがあります。かな変換キー、英数変換キーを2つに分けることで、それが解消されます。

また、ホームポジションを崩さずに、かな変換、英数変換できるのも強みです。

HHKB おすすめのキー配列

長寿命で一生付き合える

HHKBには、長寿命の静電容量無接点方式のキーが使われており、3000万回以上の打鍵に耐えます。

HHKBの寿命について、東京大学名誉教授 和田英一先生が以下のようなお話をしていました。

前提として、キーの寿命 3000万回以上、1年を300日、1日1万回打つと仮定すると、

1つのキーを押し続けた場合、3000万回たたくには10年かかる。

よく打つキーが10個だと、1日にはその1個のキーを平均1000回たたく。寿命は100年になる。

よく打つキーが20個だと、寿命は200年になる。

人生を100歳としても、HHKBの寿命はそれを上回る。

「パソコンは消耗品、キーボードは一生もの」

メーカーさんも何度も言っています(笑)

この先、パソコンがいくら変わろうとも、HHKBとの付き合いは続きます。

created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 09:50:44時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 01:22:40時点 楽天市場調べ-詳細)

おわりに

今回は、HHKB HYBRID (Type-S) 日本語配列を使うメリット5点をご紹介しました。

3万円以上する高価なキーボードですが、それに見合った価値があるとご理解いただけたかと思います。

一生の相棒を手にしてみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 09:50:44時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥36,850 (2024/02/24 01:22:40時点 楽天市場調べ-詳細)

HHKBと一緒にパームレストを使うことをおすすめします。

忘れていませんか?

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券チャージがオススメです。
チャージ金額に応じてポイントアップ

\ 知らないと損!/

プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次